訪問査定

訪問査定

訪問し、物件状態を詳しく査定  @完全無料

所有の不動産を売却をすることはほぼ決めている場合は、何社かの不動産会社に実際に物件をみてもらい精細な査定(訪問査定)をお願いすることは合理的な判断だと思います。(訪問査定も一切費用もかかりませんし、必ず売却依頼をしないといけない義務もありません)各社に、物件の状態+個人的な事情+売却の条件などを加味した査定額と具体的な提案を提示してもらい、それぞれを比較検討し、最終判断をすることが望ましいですね。訪問査定を依頼すると不動産会社の営業の鼻息荒くなり(熱心になり)ますが、あくまでも冷静で売主様のペースで話を進めることが重要だと思います。冷静さと客観性を保持するためにも訪問査定を複数社にお願いする事をお勧めします。鼻息荒い不動産会社を相手にするこの段階が売主様にとって最も忙しくなり煩わしさや苦労も伴いますが、その分、後悔のない納得の売却に一歩近づくことになると思います。ご参考までに「頼れる不動産会社の選び方」も是非、ご一読いただければと思います。

訪問査定で押さえておきたいポイント

訪問査定でも査定額の算出根拠とその客観性は押さえておきたいところです。複数の不動産会社に依頼することで「査定額の算出根拠」を客観的に評価できますよね。訪問査定を依頼したいが近所や家族等に知られたくない場合は、必ず査定依頼時(査定依頼フォーム記入時)、また、連絡取り合う際にも、くれぐれもその旨を明示的に不動産会社に伝えておきましょう。訪問査定時には必須ではないですが、売却依頼する場合に必要となる資料は準備を始めておくと良いですね。間取り設計図面、測量図、重要事項説明書、売買契約書、権利証など。

不動産価格.netの不動産査定が選ばれる理由

  1. 査定実績:昨年1万7千件、運用実績:10年 365日X24h査定依頼可
  2. 売主様の視点で最新の売却市場の動向やお役立ち情報を積極的に発信
  3. 売主様が安心して査定が依頼できる様、万全の体制でサポート

査定を担当する不動産会社を見てみる

サポートしているエリアは青字です

北海道・東北
北海道
青森
岩手
宮城
秋田
山形
福島
 
関東
東京都
神奈川
埼玉
千葉
茨城
栃木
群馬
中部・北陸
山梨
長野
新潟
 
富山
 
石川
 
福井
東海
愛知
静岡
岐阜
三重
近畿
大阪
兵庫
京都
滋賀
奈良
和歌山
中国
岡山
広島
鳥取
島根
山口
四国
徳島
香川
愛媛
高知
九州・沖縄
福岡
佐賀
長崎
熊本
大分
宮崎
鹿児島
沖縄

特別企画コラム

当サイトの運営事務局スタッフがこれから不動産を売却しようと検討中の方のお役に立てればと独自の視点と中立的な立場で執筆しております。ご売却計画の参考情報としてご一読いただければ幸甚です。

2017.07.31
東京都のマンション売却、成約価格の動向
2017.07.31
千葉県のマンション売却、成約価格の動向
2017.07.31
神奈川県のマンション売却 成約価格の動向
2017.07.31
埼玉県のマンション売却、成約価格の動向
2017.07.30
大阪府のマンション売却、成約価格の動向
2017.07.30
兵庫県のマンション売却、成約価格の動向
2017.07.30
京都府のマンション売却、成約価格の動向
2017.04.25
土地の売却価格動向 関西圏 2017
2017.04.24
土地の売却価格動向 首都圏 2017年春
2017.03.31
マンション売却価格動向 首都圏版 2017年4月版
2017.03.31
マンション売却価格動向 関西版 2017年4月版
2016.08.18
マンション売却の動向|首都圏 2016年後半にむけて
2016.08.18
マンション売却の動向|関西圏 2016年後半にむけて
2016.08.17
土地売却の動向 |首都圏 2016年後半にむけて
2016.08.17
土地売却の動向 |関西圏 2016年後半に向けて
2016.06.03
マンションの売却価格動向 | 首都圏
2016.05.28
マンションの売却価格動向 | 関西圏
2016.05.05
土地の売却価格の動向 | 首都圏
2016.05.05
土地の売却価格の動向 | 関西圏
2016.04.20
2016年の地価公示について
2016.01.27
暗雲漂う不動産売却と価格動向2016
2015.11.19
東京都のマンション価格推移 2015
2015.11.19
神奈川県のマンション価格推移 2015
2015.11.19
千葉県のマンション価格推移 2015
2015.11.19
埼玉県のマンション価格推移 2015
2015.11.19
大阪府のマンション価格推移 2015
ページトップ